スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   拍手する



  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Windows XP Mode (6) MSE をインストールする:Windows 7


Windows XP Mode (5) セキュリティ対策:Windows 7 にて、
XP Mode にもセキュリティソフトが必要ということが分かりました。

そして、XP Mode にまで有料のセキュリティソフトを入れるのは
金銭的にかなり厳しいので、一番無難な MSE を適用しようという結論でした。
MSE … Microsoft Security Essentials を勝手に略しました。


という訳で、XP Mode に MSE をインストールする流れを紹介します。
ブラウザは IE6 を利用しています。

"ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials"
ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials

続きを読む >>

   拍手する




ログオン時にユーザー名とパスワードを入力する:Windows 7

JUGEMテーマ:コンピュータ


"Windows 7 の通常のログオン画面"


Windows 7 の通常のログオン画面は、ユーザー名が表示されます。

この場合、Administrator を有効にしているとログオン画面で分かってしまいますし、
パスワードを設定していないと、ユーザー名をクリックすればログオンできてしまいます。

ユーザー名が見えてしまうのは、セキュリティ上好ましくありません。


Windows 7 Professional 以上のエディションの場合、
ログオン画面でユーザー名とパスワードを入力する設定にすることができます。
残念ながら Home 製品ではこの設定をすることができないようです。


【12:30 追記】
Windows Vista Home Premium では、レジストリで設定できました。
レジストリ設定については後述。

"Windows Vista Home Premium のログオン画面"



Windows 7 の Home 製品ではどうなのでしょう。
環境がないので確認できません...。

   拍手する




Windows XP Mode (5) セキュリティ対策:Windows 7

"コンピュータが危険にさらされている可能性があります。(リモート)"


Windows XP Mode にインストールしたソフトウェアを起動すると、
最初に必ずリモートでポップアップされるメッセージ。

Windows 7 では "コンピューター" と表記されますが、
そういえば XP では "コンピュータ" という表記でしたね。

なつかしい...


実際、バルーンをクリックしてセキュリティセンターを開いてみると、
ウイルス対策が「見つかりません」になっていました。

ま〜ウイルスソフトを入れていないので、
当然といえば当然ですが...。

Windows XP Mode のセキュリティセンター



実際、Windows XP Mode を含め、仮想 OS 自体に
セキュリティソフトが必要なのかどうかを調べてみました。

   拍手する




Windows ファイアウォールを有効にする:Windows 7

Windows ファイアウォールを有効にする方法をご案内します。

1. [スタート] - [コントロールパネル] をクリックします。

[スタート] - [コントロールパネル] をクリックします。



2. 「コントロールパネル」が表示されますので、
[システムとセキュリティ] をクリックします。

[システムとセキュリティ] をクリックします。



3. 「システムとセキュリティ」が表示されますので、
[ファイアウォールの状態を確認] をクリックします。

[ファイアウォールの状態を確認] をクリックします。



4. 「Windows ファイアウォール」が表示されますので、
「ファイアウォール設定の更新」の [推奨設定を使用します] をクリックします。

[推奨設定を使用します] をクリックします。



これで、Windows ファイアウォールが有効になります。

"Windows ファイアウォールの状態:有効"

   拍手する




ESET Smart Security ファイアウォールを常に無効にする

ESET Smart Security がキャンペーン中でお得だったので、
私の親戚の家にも導入することになったのですが、
それ以来インターネットの接続がしづらくなったとのこと。

10 回に 1 回の割合でしかネットに繋がらないらしい...


想像するに ESET から表示される通信を許可するか遮断するかのメッセージで、
訳も分からず [遮断] を押してしまっているようなニオイがプンプンするのですが、
アプリケーションの意味も分からない初心者なので、説明するのも大変なのです...。

この画面で [遮断] を押しているような気がする...。


ネットにつながらなくなるたびに呼び出されるのは面倒なので、
ESET Smart Security のファイアウォールを無効にし、
Windows ファイアウォールを有効にすることにしました。

本来なら ESET NOD32アンチウイルス を継続するつもりだったので、
Windows 側のファイアウォールでも全然問題ないのです。

それでも、例のごとく設定に若干迷ったので、
忘備録の意味も含めて設定を見ていきたいと思います。

   拍手する




ESET Smart Security で IP Messenger を使用する

最近、今まで使用していた NOD32 から ESET Smart Security に乗り換えました。
乗り換えたといっても、結局は ESET のソフトな訳ですが...。

乗り換えた理由は、NOD32 の更新手数料が 1 年間で 2,625 円掛かるのに対し、
ESET Smart Security だと、3 年間で 5,980 円とかなりお得になるからです。

正直、ファイアウォール機能は Windows 標準のものを使用していたぐらいなので、
どこのメーカーじゃないとイヤだとかいうこだわりは持っていませんでした。


で、ESET Smart Security をインストールすると、自動的に
ESET 側のファイアウォールが有効になるのですが、
IP Messenger の相手側が見えなくなってしまいました...。

ちなみに、IP Messenger は職場で知ったのですが、
今は自宅でも 1 人 1 台がパソコンを持つ時代ですから、ファイルや URL を
それぞれのパソコンに手軽に送信できるのがとっても便利なのです。


IP Messenger が使えなくなるのは困ります...
という訳で、ESET Smart Security のファイアウォール設定を変更します。
続きを読む >>

   拍手する




1

profile

search this site.

recommend

links

categories

archives

ブログパーツ

Creative Commons

この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Creative Commons License

ケーキ・和菓子

RSS / Atom

mobile

qrcode

PR


流行ったダイエット