未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト
未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET ファミリー セキュリティ」 公式サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   拍手する



  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この機能は、スタンダード権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。

IE7 の文字入力エリアにカーソルが点滅しているか、
文字入力エリアをクリックした状態で、単語登録を実行するために、
IME2007 言語バーの [ツール]-[単語/用例の登録] をクリックします。

保護モードが有効の状態で辞書登録


すると、以下のエラーメッセージが表示され、単語登録ができません。


単語登録
"この機能は、スタンダード権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。
スタンダードユーザー権限を持つアプリケーションから起動してご利用下さい。"



"この機能は、スタンダード権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。"



今度はメモ帳を開き、そちらの文字入力エリアをクリックしてから同様の作業をします。

メモ帳を開いて [単語/用例の登録] をクリック!


すると、エラーメッセージは表示されず、単語登録画面が問題なく表示されます。

メモ帳を開いて [単語/用例の登録] をクリック!


 一体どうしてでしょうか?


評価:
飯島 弘文
翔泳社
¥ 2,919
(2007-03-14)
Amazonランキング: 262994位
Amazonおすすめ度:



JUGEMテーマ:コンピュータ


【解説】
Windows Vista 上の Internet Explorer 7 では、[信頼済みサイト] 以外の
セキュリティゾーンで、保護モード が既定で 有効 に設定されています。

その設定によって、IE7 上で実行可能な操作が制限されるため、
悪意のあるユーザーやマルウェアからの攻撃がかなり防御できます。

しかし、保護モードで操作を制限されるのは、
悪意のあるユーザーやマルウェアだけではありません。

普段パソコンを使用している あなた自身も例外ではないのです。
IE7 がアクティブになっている状態で、単語登録ができないのはそのためです。



【回避方法】
2007/06/26 に Internet Explorer 7 のセキュリティ設定で
保護モードが有効な場合も、登録された単語を含むユーザー辞書を参照できるよう
IME の仕様を変更するための修正プログラムが公開されました。

以下のサイトより、修正プログラムを入手してインストールすることによって、
あなた自身が登録した顔文字などの単語が利用できるようになります。
http://support.microsoft.com/kb/938637/JA/


【注意】
Microsoft Office IME 2007(Microsoft Office 2007 に搭載されている IME)を
ご利用の場合は、Microsoft から修正プログラムを直接入手する必要があるようです。
(2007/09/10 現在)
http://support.microsoft.com/kb/939601/ja

【2009/01/15 追記】
Microsoft Office IME 2007 に関しては、2007 Microsoft Office スイート SP1 (2007/12/08 公開) で修正済みのため、SP1 を適用すれば修正プログラムは不要です。
http://support.microsoft.com/kb/936982/



【更新履歴】
2007/08/04 新規投稿
2007/09/10 IME 修正プログラムについて追記
2009/01/15 Microsoft Office IME 2007 に関しての修正方法を追記
                    および細部を修正
2011/04/17 修正


【参考サイト】
Windows Vista の Internet Explorer 7 で顔文字などの登録した単語が使用できない
Windows Vista ベースのコンピュータ上の Internet Explorer 7 で、Microsoft IME ユーザー辞書に登録されているユーザー定義の単語を入力できない
Input Method Editor 2007 (日本語) 修正プログラム パッケージ (2007 年 6 月 29 日) について
保護モードの Internet Explorer の理解と機能



【回避方法】(2007/08/04 時点)

セキュリティと利便性は反比例します。

セキュリティを優先させれば利便性が低下するため、
パソコンの作業工程にストレスを感じることもあるでしょう。

逆に利便性を優先させれば、今度はセキュリティが低下するため、
悪意のあるユーザーやマルウェアからの攻撃を受ける確率が高くなります。

よって、あなたがどちらを優先するかで回避方法も変わります。



• セキュリティを最優先する場合
そのままの設定でご利用いただくことをお勧めします。
よって、IE7 をアクティブにした状態では単語登録ができませんので、
メモ帳など他のアプリケーションをアクティブにして代用する必要があります。

セキュリティを最優先する場合


• セキュリティと利便性のバランスを保つ場合
あなたが信頼できると判断したウェブサイトを、[インターネット オプション]
[信頼済みサイト] に登録することによって、その登録されたサイト限定で
単語登録ができるようになります。

1. [ツール]-[インターネット オプション] をクリックします。

[ツール]-[インターネット オプション] をクリック!


2. [セキュリティ] タブ - [信頼済みサイト] - [サイト] の順番でクリックします。

[セキュリティ] タブ - [信頼済みサイト] - [サイト] の順番でクリック!


3. 「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする」の
チェックを外し、「この Web サイトをゾーンに追加する」ボックスに
あなたが信頼できると判断した ウェブサイトの URL を入力し、
[追加] - [閉じる] の順番にクリックします。

信頼済みサイトの登録


4. [インターネット オプション] を閉じ、IE7 を開き直します。


• 利便性を優先する場合
[インターネット] ゾーンの保護モードを無効にすることによって、
ほとんど全てのウェブサイトを開いている状態で単語登録ができるようになります。
確実にセキュリティが低下しますので、 パソコンを使用するあなたご自身の判断でお願いいたします。


1. [ツール]-[インターネット オプション] をクリックします。

[ツール]-[インターネット オプション] をクリック!


2. [セキュリティ] タブ - [インターネット] をクリックし、
「保護モードを有効にする (Internet Explorer の再開が必要)」

チェックボックスを外し、[適用] をクリックします。

保護モードのチェックをオフ


3. [警告] ダイアログが表示されます。

警告
"現在のセキュリティ設定では、コンピュータが危険にさらされます。"


保護モードを無効にする場合は、[OK] をクリックします。

保護モード解除の警告メッセージ


4. [インターネット オプション] を閉じ、IE7 を開き直します。


設定後、IE7 を初めて開くと情報バーが表示されますので、
まずは [情報バー] ダイアログ を閉じます。

その後、"現在、保護モードは インターネット のゾーンで無効になっています。
セキュリティ設定を開くにはここをクリックしてください。"

書かれている帯の部分 (情報バー) をクリックします。

"情報バーにお気づきですか?"


5. ショートカットメニューの一番上に表示される
[今後、このメッセージを表示しない] をクリックします。

"今後、このメッセージを表示しない。"


• 利便性を最優先する場合
ユーザーアカウント制御 (UAC) を無効にします。
ユーザーアカウント制御を無効にすると、IE7 の保護モードが
有効になっていたとしても、実際には無効化されます。
ユーザーアカウント制御に関しては、別の機会に詳しく触れる予定です。

   拍手する




スポンサーサイト

   拍手する



  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

search this site.

recommend

links

categories

archives

ブログパーツ

Creative Commons

この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Creative Commons License

ケーキ・和菓子

RSS / Atom

mobile

qrcode

PR


流行ったダイエット