スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   拍手する



  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Windows 7 をインストールする:VMware Player

JUGEMテーマ:コンピュータ

【2009/11/18 追記】
VMware Player 3.0 をご利用の方は、ここで書いた方法より
簡単で効率的な方法がございましたので、
【こちら】をご覧いただければと思います。



Windows 7 を PC 本体にインストールしたかったのですが、私が使用している
アナログ TV チューナー PIX-TV033-PPW が Windows 7 非対応のため、
私のメイン PC は、アナログ放送終了まで Windows Vista ということになりました...。

Vista でもサクサク動く環境なので、それでも問題ないのですが、
何だかやり切れない気持ちがこみ上げてこない訳ではありません。


それでも、せっかく Windows 7 を購入したのだから、何か別の方法で作業をしたい!
という訳で、VMware Player にインストールして使用することにしました。

そのときの記録を残しておきたいと思います。
もし、同じような境遇の方のお役に立てれば幸いです。

Windows 7


Windows 7 自体のインストールについては、【こちら】をご覧ください。
今回の記事では、VMware Player のドライバーを認識させる方法をご案内します。

1. 以下のサイトで VMWare Player 用 Virtual Machine を作成しましょう。
http://www.easyvmx.com/
Selected Guest OS は "Windows Vista 64-bit" を選択しています。
また、一般的に使用する場合、NIC の部分は Intel(R) Pro/1000 を選択してください。




私の場合、誤って vlance を選択してしまったため、
VMX ファイルの以下の部分を手直しする羽目になりました。

# First network interface card
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.virtualDev = "e1000"
ethernet0.connectionType = "nat"
ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"

上記対処方法は、以下の記事を参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
VMWare Player + Windows 7 ベータ版インストールメモ | ある SE のつぶやき
http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/vmware-player-w.html



2. windows.iso を入手するために、VMware Server をインストールします。
windows.iso は、以下のディレクトリに入っていますので、そちらをご利用ください。

C:¥Program Files (x86)¥VMware¥VMware Player



3. 以下のサイトから、あなたの環境に応じた VMware Player を
ダウンロード・インストールします。
http://downloads.vmware.com/d/details/player_3_0/ZGp0YmQlJSpiZGVkZA==
個人情報登録不要なリンクです。



4. VMWare Player 用 Virtual Machine の VMX ファイルを起動して、
Windows 7 をインストールします。
インストール方法については割愛させていただきます。



5. Windows 7 インストール直後の「デバイス マネージャー」は以下のようになっています。

「イーサネット コントローラー」が認識されていないのは、
先に記載した理由によりますので、ここでは説明を省きます。

以降は、「マルチメディア オーディオ コントローラー」
認識させる方法をご紹介いたします。

Windows 7 インストール直後の「デバイス マネージャー」



6. VMware Player の [デバイス] - [CD/DVD] -
[ディスク イメージ ファイル (iso) に接続] をクリックします。

[ディスク イメージ ファイル (iso) に接続]



7. 自動再生ダイアログが表示されますので、[setup.exe の実行] を選択します。

[setup.exe の実行] を選択



8. あとは流れに沿って作業を進めていくのですが、念のため流れを追っていきます。
「ユーザー アカウント制御」が表示されますので、[はい] をクリックします。

[ユーザー アカウント制御]



9. 「VMware Tools のインストールウィザードにようこそ」が表示されます。
[次へ] をクリックします。

「VMware Tools のインストールウィザードにようこそ」



10. 「セットアップ タイプ」が表示されます。
通常であれば、初期設定の [標準] を選択して [次へ] をクリックすれば問題ありません。

「セットアップ タイプ」



11. 「プログラムをインストールする準備ができました」と表示されます。
問題なければ [インストール] をクリックします。

「プログラムをインストールする準備ができました」



VMware Tools をインストール中の画面表示です。

VMware Tools のインストール中



12. 「インストール ウィザードの完了」が表示されますので、[完了] をクリックします。

「インストール ウィザードの完了」



13. 再起動を促すダイアログが表示されますので、
問題なければそのまま再起動することをお勧めいたします。

再起動はあとから実施しても問題ありません。

再起動を促すダイアログ


PC 再起動後、デバイス マネージャーを確認し、「マルチメディア オーディオ コントローラー」の
「!」マークがなくなっていれば、ドライバーの認識は完了です。

ただし、私の環境では、Windows Aero が利用できません。
もし、利用できる方法がございましたらご教示いただければ幸いです。


【更新履歴】
2009/11/14 新規作成
2009/11/17 windows.iso の部分を修正
2009/11/18 冒頭に追記を加筆
2011/04/18 修正

   拍手する




スポンサーサイト

   拍手する



  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

search this site.

recommend

links

categories

archives

ブログパーツ

Creative Commons

この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Creative Commons License

ケーキ・和菓子

RSS / Atom

mobile

qrcode

PR


流行ったダイエット